熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

居場所があるということ

Pocket

今日は、場面緘黙の子が、比較的順調に回復した事例をご紹介します。
  *掲載の許可をいただいています

その子は、現在高校3年生

無事、進学先が決まりました

おめでとう‼✨✨🎉🎉

彼女と出会ったのは、1年2か月前です。

まず、お母さんが「かんもくペアトレ」を受講されました

講座が終わったのが、今年の3月、その後、個別のカウンセリングに移行しました。

どのようにして回復したのか?

仮にさなえちゃんとします。

お母さんが、緘黙ペアトレでサポートを始めてから、しばらくして

色々と小さな変化が起こりました。

  • あるお店で、店員さんに自ら声をかけて「困ったこと」を伝えることが出来た。
  • コンビニでも、一人で買い物ができた
  • コンビニで、「お弁当温めますか?」に「はい」と言えた(うなずきでなく)
  • 自分の進路について、自ら調べ手続きすることが出来た
  • 街に一人で、公共交通機関を使って出かけることが出来た

普通の子だったら、何だそんなこと・・・と思うでしょう。

でも、場面緘黙の子は、このような日常的な行動でも、非常に緊張してしまうのです。

是非このことは、一般の方に知っていただきたいポイントです。

お母さんが受講するまで、これらのことが難しい状態でした。

さなえちゃんは、高校2年の終わりごろまで、しっかりと普通に、話せる人は・・・

家族と、親しい友達1人ぐらいでした

カウンセリングに移行した当初

もちろんカウンセリングルームでも、私と話せません。

そこで、まずはラポール作り(信頼関係の構築)をします。

簡単なゲームをしたり、

絵しりとりをしたり、

筆談で会話したり・・・

こちらが、用意したことに対して受け身的に応答することはできました。

さなえちゃんの日頃の様子は、お母さんからの情報と、本人の筆談で得るしかありません。

筆談はできますが、オープンクエスチョン(感想など、自由回答)は固まってしまいます。

そんな時は・・・

選択肢を用意し、丸を付けてもらうか、

イエスかノーかで聞くと、該当のところに〇をつけてくれます。

こんな感じのカウンセリングをしばらく続けました。

ほんの少しづつ・・・カウンセリングの中でも変化が起きました

反応が早くなってきました

⇒これも大事な変化ですニコニコ

その後、彼女の友達が通っているサポート施設にSちゃんも通い始めました。

私もそこのスタッフのひとりですビックリマーク

すると、

そこはさなえちゃんの大切な居場所になりました。

始めは、友達と一緒でも、声が出ない日々が続きました

3,4か月たった頃から・・・徐々に

いつも一緒の、一番安心できる友達に対して、小さな声が出始めました。

それはだんだん、スタッフや別の子にも広がっていき・・・

私とも、話せるようになってきました。ニコニコ

今では、サポート施設に通ってくる、他の子達とも普通に、楽しそうに

おしゃべりしています。グッド!

それどころか・・・

いつも受け身で、

自分から人に関わることのなかったS ちゃんが

最近は、

自らスタッフのお手伝いを申し出てくれるようになりました。

自発性、積極性が出てきましたね。

夢に向かって、一歩踏み出しましたね。💖

彼女が話せるようになった、要因は何でしょうか?

臨床的な、私見になりますが・・・

  1. 話せるようになりたい強い意志があった
      *これは筆談で確認しています
  2. なりたい職業(夢)があり、合格に向けて発話モチベーションを後押しした
      *入試前のオープンキャンパスでも、普通に受け答えができていました。
  3. 母が、緘黙ペアトレで学び適切なサポートができるようになった
     *お母さんが、代弁したり彼女のするべきことを肩代わりしなくなり、スモールステップの挑戦をサポートした。
  4. 家、学校以外の第3の居場所が安心・安全な場所として有効に機能した。
     *新たな場所に慣れ、少しづつ話すことに自信がついてきた。

私は、何をしたかといいますと・・・
1~4全ての「黒子」として、そっと彼女のやる気、勇気を引き出す役目だったと思います。

本人の意思、夢、周囲のサポート、そして第3の居場所

このどれもが必要だったと思います。

なぜなら

  • 場面緘黙の当事者が一人で症状を克服することは難しい
     *困っていることを発信できないから
  • 当事者が所属する、複数の関係者の協力が必要
     *カウンセリングの中で喋れたとしても、これを他の場面に広げていくことが重要

と考えています、

さなえちゃんは、私が支援した緘黙児の中でも
目に見えて変化が大きかった子です。

でも・・・

まだ、「治った」と解釈することはできません。

場面緘黙の治療法は確立されておらず

日本では、特に研究者も支援者も少ない現状があります。

「治る」の定義が示されていないし、判断は難しいでしょう。

だだし、

以前より改善したとは言えます。


さなえちゃんと、サポート役のお母さん、本当に頑張りましたね。乙女のトキメキ乙女のトキメキ


これでもう安心か?

いいえ・・・


今後、環境が変わります。対人関係も変わります。
ストレス場面も、困ったことも当然出てきます。


これらの1つ1つに、柔軟に対応できるかどうか?


さなえちゃんの新たなステージが始まります。


これからもサポートしますよニコニコ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友達募集中😀😀💖💖 登録いただくと、お役立ち情報や「お茶会」「勉強会」などのご案内が届きます。

友だち追加

またはこちらからどうぞ
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

前の記事へ

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP