熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

【家以外で話せない子を持つ親のための勉強会】

Pocket

【勉強会】初日📝

 

3名の参加者様と【家以外で話せない子を持つ親のための勉強会】実施しました。

 

 

参加の動機は?

  • Aさん(高校生女子の父)
    外で話さないだけでなく、最近家でも、自分とは話しをしてくれない。そんな年ごろかとも思うが
    どのように声をかけたらいいか分からず、子どもとの関わり方が難しい。少しでも参考になればと思いました。

  • Bさん(小学生男子の母)
    学年が上がってから、これまで話せていてたことが出来なくなってきた。どうしてなのかが分からない。
    親として今後、どう関わればいいか学べればと思います。

  • Cさん(幼稚園児の母)
    家では、普通に話しますが外では「恥ずかしい」と言ってささやき声になります。色々なところに相談にも行っています。
    診断は受けていませんが、やはり心配です。今後、どう接したらいいかヒントが貰えればと思って参加しました。

参加の動機として共通しているのは

「家では話すのに、外では話すことが難しい」

我が子への関わり方に困っているという事でした。

【勉強会】の中では

以下の項目についてお伝えしました。

    • 場面緘黙の医学的診断基準
    • どういう症状なのか
    • なぜ話せないのか
    • 放置されがちな背景と問題
    • 支援者が出来ること
    • 親ができること
    • 実際の支援のステップ
    • 周囲の協力を求める

 

 

参加者の感想

Q:この【勉強会】に参加して、どのような事が得られましたか?

 

  • Aさん
    回復するには時間が掛かるが、放置してはいけないという事が分かった。
  • Bさん
    「緘黙」の基本的な性質や、改善のために必要な事が学べました。また、他の方の状況も聞かせていたさき参考になりました。
  • Cさん
    家族や、周囲の支援がとてもだということが学べました。

 

 

Q:この【勉強会】を同じ悩みを持つ人にお勧めするとしたら、お勧めポイントはどんなことでしょうか?

  • Aさん
    子どもを理解することで、責めないでいられるという事が学べる
  • Bさん
    サポートしてくれる人がいるんだ、という安心感が得られます。今後の改善に向けた道筋が見えてきます。
  • Cさん
    グループで学ぶので、他の方の情報や悩み共有できるところ。

 

【お知らせ】★新サービスの展開準備中★ 

現在、親支援として『かんもくペアレントトレーニング』第7期を実施中です。

今後展開する新サービスは、現在の親支援に加え、新たに2つのコンテンツを加えます。

 

  1. 緘黙児への直接支援の充実
    ここで学ぶと、こんなことが得られます
    <例>
    ・コミュニケーションスキルがアップする
    ・友達作りのスキルが身につく
    ・自分の気持ちが言える様になる
    ・社会的マナー身につく
    ・雑談力がつく
    ・時間の管理が上手になる

  2. 緘黙ペアトレ卒業生へのリピート支援
    ここで学ぶと、こんなことが得られます
    <例>
    ・ペアトレで学んだスキルが定着する
    ・感情のコントロールが上手になる。
    ・穏やかに子どもを見守ることが出来る
    ・自分のために時間を使うことが出来る
    ・家族関係が良好になる

 

この記事を書いた人

中之園由美子

現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP