熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

Aちゃんの個別支援👩‍🦰

Pocket

今日は、Aちゃんの個別支援(カウンセリング)でした。小学生の女の子です。

3年前から支援していますが、カウンセリングの中でも、まだお話はできません。

うなずきや筆談でコミュニケーションを取っています。

思春期ごろになると、特定の場所で「喋れない子」という自己イメージを持つようになります。

そのため、緘黙であることを知っている人の前では「話さないでおこう」と決める子もいます。

でも、以前よりは緊張がゆるんで、体が動くようになってきました。

今日は、風船バレー🎈をしました。
*写真掲載の許可をいただいています。

以前何度かやって膨らまなかったのですが、Aちゃん、初めて風船が膨らみました。🌈🙌

緘黙の子は、膨らますのが苦手な子が多いようです。

笑顔で風船バレーを楽しんでくれました。😄😄

次は、Aちゃんの好きな折り紙🎈

ワンピースは、青いのがAちゃんの作品です😊。上手ですね、赤いのが私の作品😅

【良い変化として】

学校の外では「喋れる場所」が増えてきました。

その子にとって安心安全な場所では、普通に喋れる。

たとえ学校では、まだ喋らなくても

地域で居場所があれば、ずいぶんと楽になれると思います。

Aちゃんには、学校以外の居場所がありそこでは、自分らしく振舞うことが出来ます。

【得意な事】

  • 運動が得意
  • 手先が器用
  • 決められたことはきちんと守る

得意なこともたくさんあります。

今後は、得意な事で人と関わる試みが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP