熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

SSWさんにはお世話になっています。

Pocket

前回、支援会議について書きましたが支援会議だけでなく
いろいろな面で、SSW(スクールソーシャルワーカー)さんには大変お世話になっています

クリニックの心理師は、アウトリーチ(外に出て直接支援すること)が基本的にはできません。
そこで、家庭と学校と心理師(医療機関)をつないで頂いています。

具体的には、
・緘黙児の自宅に訪問してもらって一緒に遊んだり(そこでは、緘黙児も話せたりします。)
・お母さんの心配事や困り感を聞いてもらったり、
・学校関係者に、対象児に関する情報を提供したり、
・放課後等デイサービスにも、緘黙児の様子を見に行ってもらったり
・カンファレンスの調整をしてもらったり

このように、フットワーク軽く関係各所を「つないで」もらっています。

もちろん心理師と個別に相談することもあります。

いつも本当にお世話になっています。ありがとうございます。

なので、場面緘黙児のお母さんには「SSWさんを付けることを、学校にお願いしてください。」 といつも 言っています。
SSWさんが付いてくださると、支援がしやすいです。

悩みは、
・SSWさんの数が十分でないこと
・年度か替わるタイミングで担当が変わることがあることかな~

でも、これからも頼りにしています!
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP