熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

満員御礼❣【第2回支援者交流会】

Pocket

こんにちは

中之園です。

 

場面緘黙の子ども、大人、保護者の支援を専門に行う

メンタルケア心安(ここあん)を運営しています。

 

第2回【かんもく支援者交流会】💖

おかげ様で30人の定員満席でした。

緘黙児の支援について

関心の高い皆様と、一緒に学ばせていただきました。

 

北は北海道から、南は熊本まで

全国で、緘黙の子どもと大人に直接、間接に関わる方々と交流会を開催しました。

立場的には以下のような方々です。

  • 医療関係、
  • 教育関係、
  • 福祉関係、
  • 自助グループ

 

それぞれの立場で意見交換しました。

 

テーマは「緘黙児に変化を起こす3つのポイント」でした。

 

前回の皆さまからのリクエストによって

今回は、中之園が「事例」をご紹介させていただきました。

 

ブログでもご紹介したことがありますが

劇的変化、つまり短期間で話せるようになった高校生の事例です。

 

支援開始から、7か月で

『家以外の場所で、家族以外の人に聞こえる声』で話すことが出来ました。

 

7か月というのは早いです。

今では、彼女が場面緘黙だったとは・・・

誰も気づかないでしょう。

 

私が関わった緘黙児の中では

支援を始めて

 

「家以外の場所で、聞こえる声で話すことが出来る」のは

平均して3年くらいは掛かっています。

 

これはあくまで私の臨床上の経験に基ずくものです。

 

参考になることも、ならないこともあるかと思いますが、

この事例を通して

  • こんな場合はどうなの?
  • あんな場合はどうなの?

 

  • 子ども側から観た意見
  • 保護者側から観た意見
  • 支援者としての意見

 

そういったことを皆で考えていこうというのが主旨です。

 

答えはすぐには出ない😅💦💦

 

だからこそ

 

一緒に考えて頂けると幸いです。

 

 

 

この事例を紹介するために

 *もちろん同意は得ていますよ

 

改めてこの子の記録をじっくり読み返して見ました。

 

すると、

集団の中で友達の様に話せないことに悩む、彼女の葛藤が見えてきました。

 

 

彼女のサポートは多岐に渡るものです。

 

 

  1. はじめは私との「カウンセリング」から
  2. 次にお母さんの「緘黙ペアトレ」
  3. そして、私の職場内にある「通所施設」

 

 

主にこの3本柱で彼女をサポートしました。

 

昨日の、2時間ではお伝えしきれなかったことが、たくさんあります。

 

順に紹介していきますね!

 

何かの参考になれば😊

 

 

今日は1,

私が彼女とカウンセリングルームで行ったことです。

 

これも、一気には書ききれないので

少しづつ紹介しますね

 

私が個別に行う「カウンセリング」

ここでは

まず、リラックスしていっしょに楽しむことから始めました。

喋らなくても

ここに来ることが楽しい😃💕

 

そう思って貰わないと

何にも始まらない・・・

 

ラポール形成はそのあと❣

と思っています。

 

なぜなら

人間て根源的には楽しい事しかしたくない生き物だから((笑))

 

ラポール形成のために、

遊戯療法や、ゲームをするという目的ありきでやってると

セラピストの方も力が入っちゃう

ような気がします。

 

 

何かわからんけど🙄

行くと楽しいから

行ってもいいかな~😄

ぐらいのノリで来てもらう。

 

こちらもリラックスして

一緒の空間を楽しむ

 

これを、継続していると

 

ラポール形成の準備ができたかな

と思います。

 

だから、時間が掛かるんです。

 

この間もほとんど、単語1個2個ぐらい

頷きもできたりできなかったり

筆談は書けなくて固まるし・・😅

 

なので、1対1では難しく

お母さんやきょうだいも一緒に入ってもらって

セッションしていました。

  • 黒ひげ危機一髪
  • ジェンガ
  • 絵しりとり

などなど、喋らなくても出来るゲーム

  • ウノもしましたね

「ウノ」って言えるかどうか、のハードルがあります。

言えませんでしたが・・・

 

ここで、ちょっとしたハプニング

お母さんにがルールを知らなかった!

じゃあ、

「お母さんにルールを教えてあげようか」ということになり

彼女が同意し・・

初めて、

「ささやき声でお母さんに耳元で説明する」ことが出来た。

 

カウンセリングルームで「文章で声が出た」はじめての事でした。

 

はじめの頃は、本当に少しづつ

薄皮をはぐように

 

普通の人の一歩を100分割したくらいの

ペースだったかもしれません。

 

この段階を経て

 

少しづつ以下のことを実践しました。

 

 

  1. 心理教育=これは自分について知る為。
    直面化です。心の準備が整っていないと直面化は逆効果になることがあるので
    彼女の心理状態をアセスメントしながら、タイミングを見て行いました。
    社交不安尺度も使いました。

  2. ストレスマネジメント
    誰にでもストレスはあるよ。ストレスをなくすことは難しい。
    上手に付き合うスキルについて学びました

  3. 感情について学ぶ
    自分の感情について表現できない=感情について知らないので
    感情のカテゴリーや働きについて学びました。

  4. 社会的なスキルについて、人との関わり方について

 

 

今は、4の段階です

 

今日はここまでにさせていただきますね😊。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。✨

 

次回は、

 

2,お母さんや家族のサポート

緘黙ペアトレで学んだことで、お母さんにどんな変化が起こったのかについて

ご紹介しますね。

 

コメントはこちらから

コメントはこちらから

私が場面緘黙の子を支援するきっかけは、ひとりの場面緘黙の男の子との出会いからです。彼と信頼関係を築くのは容易ではありませんでしたが、根気よく関わることで変化が生まれてきました。筆談から電話での会話が可能になり、一部の人と話せるようになりました。*交流会のテーマ、ご意見*募集しています。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    中之園由美子

    現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

    お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP