熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

緘黙児の緊張をゆるめるには?

Pocket

緘黙児は人一倍緊張している

かんもく親子コーチング:11月生

基本コース3回目は【リラクゼーション】がテーマです

まずは宿題の確認

①子どもの行動を3種類に分ける ②緘黙状態を3つに分ける

  1. 好ましい行動
  2. 好ましくない行動
  3. 危険な許しがたい行動

子育てが難しいと思う親さんたちは、1,「好ましい行動」を見つけるのが初めは少し苦手だったりします。

うちの子、良いところなんかあるかな~って顔をされます

 

ありますよ😊

「テストで100点とった」

「○○で賞を取った」とか

そんな特別なことじゃないんです。

普通に出来ることが「好ましい行動」です。

その年齢で当たり前に出来ることが「良い事」ですよ。

ハードル低いでしょ😉👌

 

ママたちから挙がった子どもの良いところ

  • お店で自分で会計をした
  • 休日の朝、自分の朝食を用意した
  • 家族の前ではよく話す
  • お手伝いを頼むと快くやってくれる
  • お風呂やご飯の時、ゲームを止めることが出来る

 

こんな感じで、子どもの好ましい行動って見つけられますよね。

 

ママたちに感想を訊きました

宿題をやってみて、いかがでしたか?

行動を3種類に分けてみて、「好ましくない行動」に入れていた項目の中にも”いいところがありますよ”と由美子先生に言っていただいて、ハッとしました。

そうか!細かく行動を分けてみると、その部分は確かに子どもが頑張ってくれていたと気付きました。

好ましくない行動として、「私がペアトレのワークを一緒にやろうと誘ったら、子ともは気乗りしないようで渋々やった」という事を挙げたら、由美子先生から、「それは良い事ですね。渋々でもやってくれたなら、そこは『ありがとう』という所ですね」と言われて、

あ~そうなんだ❣出来たところを褒めるってそういう事なんだと気付かされました

 

②は、緘黙状態について【人・地域・学校】ごとに分類して現状を把握します

やってみた感想を訊きました

分かってはいたつもりでしたが、こうして書き出してみると

緘黙状態がどのように起こっているのかがクリアになりますね

私も、書くことでクリアになったと思います。

うちの子の場合、意外としゃべれない場所は限定的だなと思いました。

言葉が出ないのは、学校とか、クラスメイトに限るようです。新たな発見でした。

 

緊張をコントロールするための方法

ここでは、リラクゼーションを【緊張をコントロールする】ストレスマネジメントとして捉えます

緘黙児さんは、家以外の場所ではとても緊張しています。

簡単で効果的な次の方法を練習しました。

 

①呼吸法

②漸進的筋弛緩法から(肩の緩め)

③爽やかイメージ法

この3つに取り組みました

 

 

3つのリラクゼーションを実際に体験していかがでしたか?

はい、身体の力が向ける感じがしました。

ヨガをやっているので、呼吸法は比較的やり易かったです。

私は、呼吸法が少しきつかったです。特に吐く方が

肩の緩めは、上に上げるときが痛くて・・

自分では気づかないんですが、

肩が凝っていたんだな~と感じました

イメージ法をやった時、よくキャンプに行くので

焚火のイメージが浮かんできました。

呼吸法は、慣れないうちは少しきついかもしれませんが、

吐く息を長くすることで、副交感神経が優位になります。

身体が自然とリラックスモードになりますので、お子様と一緒に練習してみてくださいね❣

今回の宿題(HW)は、【ご家庭でリラクゼーションを実践する】ことです。

次回の報告が楽しみです。

 

コメントはこちらから

コメントはこちらから

ひとりの場面緘黙の男の子との出会いが、私が場面緘黙の子を支援するきっかけとなりました。彼と信頼関係を築くのは容易ではありませんでしたが、根気よく関わることで変化が生まれてきました。筆談から電話での会話が可能になり、一部の人と話せるようになりました。この記事を読まれた*ご意見・ご感想*などございましたらお気軽に、お願いいたします。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    中之園由美子

    現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

    お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP