熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

まりなちゃんの決意

Pocket

今日は、まりなちゃんのカウンセリングの日でした。

これまでは、小声でとぎれとぎれの話し方で、聴き取れないことが多かったのですが・・・

ちゃんと聞こえる声で、私と会話ができました。

しかも、かなりの会話量でした。

いつも前回より「出来るようになったこと」のメモを持参してくれています。

今回、そのメモには多くのクラスメイトと、先生の名前が記されていて

「話せるようになった人」が書いてありました。

初めて話せた人もたくさんいました。

私も初めて見るクラスメイトや先生の名前があったので、

ひとり一人「この子とは、この先生とは、どんな話をしたの?」と質問しました。

すると、全てどんな風に会話したか、その状況を伝えてくれました。

もう一つ、

「1000メートル運動場を走れるようになった」と書いてあります。

まりなちゃんは、本当は速く走れます。

妹と、公園で走る時には十分早く走れます。ところが、学校では緊張して走ることが難しくなります。

今までは、運動場5週するところ、途中までしか走れませんでした。

「去年は、1週しか走れなかったけど、今年は全部走れた」と話してくれました。

 *場面緘黙の子は、緊張により、動きがぎこちなくなることがあります。

彼女が小学校の頃は、もっと動きが緩慢で手助けが必要でした。

なので、この1月の成長は目を見張るものがあります。👀

「どうしてこんなにできるようになったの?」と訊くと

「頑張った・・」とひとこと。

本当に頑張りましたね。😂😂

来年は高校受験を控えています。

この頑張りは、まりなちゃんの「絶対、話せるようになりたい」決意表明だと受け止めました。

受験では、面接にもチャレンジするそうです。

素晴らしいですね!!

後半は、未来に向けてのワークをしました

セイバリングアルバムです。

ポジティブな言葉を選んで、それに合うイメージの写真を貼り付けます。

↑↑

これは私の作品です。

未来へ向けての、ポジティブなイメージを視覚的にインプットすることで、目標とする自分に近づくように脳が働きます。

観ているだけで楽しいですよね。

まりなちゃんの作品は、宿題にしたので次回ご紹介しますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事を読んで、いいね!と思った方は

いいね!&フォローをお願いします。😊💖

今後も、場面緘黙に関する体験談やお役に立てる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP