熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

カンファレンス(支援会議)を実施しました。

Pocket

先日、場面緘黙のTさんの学校で行われた、カンファレンスに行ってきました。

カンファレンスとは、つまりTさんの今後の支援について関係者が集まって定期的に話し合う、支援会議です。

今回で2回目です。学期に1回できればいいなと思っています。

カンファレンスについては、ほぼ、私の方から「やりませんか?」とお母さんを通じて、学校、SSW(スクールソーシャルワーカー)その他の機関に働きかけています。クリニックに来ていただく場合と、私が学校に出かけていく場合があります。

今回は、私が出かけていきました。

学校関係者、SSW、放課後デイサービス、関係機関、私の総勢9名でした。結構多いほう。

これまでの支援の経緯や、今後の課題など、活発な意見交換をしました。
今はこんな風な工夫をして支援しています。「これからは、私に何ができますか?」と それぞれの立場で問いかけて、みんなでアイデアを出し合いました。Tさんと、お母さんを、それぞれの専門性を生かして支援したいという気持ちに溢れた、とても温かな会議でした。

アイデアもたくさん出ましたね。
その中で、使えそうなアイデアから、採用すればいいのだと思います。

学校だけ・・
クリニックだけ・・
放課後デイサービスだけ・・でバラバラに支援をしていると「こんな時どうすればいいの?」と分からないことが出てきます。

私もそうです。心理師として、Tさんにも刺激フェーディング法を実施していますが、カウンセリングルームを出たら見えないことが多いので、学校関係者やその他の方々、一堂に会して情報交換するのは、とても有益ですね!。

次回は、新学期以降に実施しましょう、ということでお開きになりました。

他の学校もそうですが、Tさんの学校関係者はとても協力的です。

感謝しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP