熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

場面緘黙症についておもうこと②

Pocket

カウンセラーとして
クライアントの良い変化を目の当たりにすることは、本当に嬉しいことです。

昨日は、そんな出来事を1日に2回も体験しました。クライアント様の許可をいただいていますので、少しお話しますね。

事例①場面緘黙のAちゃん
 10代の女の子です。昨年、お母さんは緘黙ペアトレを受講者され熱心に学ばれました。終了後に個別カウンセリングに移行したクライアントさんです。 

 初めて会ったとき、Aちゃんはカチカチに緊張しているのがわかりました。母子同室で、まずはリラックスするために非言語でできる簡単なゲームなどをしました。 イエス・ノーで答えられるクローズドクエスチョンには、時々「はい」とか、首を横にる動作で私の質問に答えてくれました。しかし自分の気持ちとか、感想とか、状況など自由な発言(オープンクエスチョン)は言葉では答えられないので その後は筆談で会話です。

 次のセッションでは初めに少し広い部屋で、お母さんと10分程度「場に慣れる」ために遊んでもらいました。Aちゃんにも、なぜこれが必要なのかということも説明しました。
10分後、私が部屋に入りセッションを始めました。セッションの最後にはホームワーク(宿題)を出しました。

 これを繰り返してきたのですが、昨日は5回目のセッションでした。今回も言葉でやり取りができました(実は、前回4回目で始めて「言葉でのやり取り」が可能になりました。)。とても驚きましたが、うれしい体験でした。前回話せたからと言って、次回も話せるとは限らないのです。
昨日は、いつのものように最初はアイスブレイクでAちゃん、お母さん、私でちょっとしたゲームで遊びます。
その後、ホームワークの確認。私:「Aちゃん、宿題やってきた?見せてくれる?」 Aちゃん:恥ずかしそうにしながらも、表情は穏やかで微笑んでいます。そっとファイルから宿題用紙を取り出しますが、なかなか真っすぐに手を伸ばせません(こういうところも緊張が表れています)。なので、私のほうから手を伸ばして宿題を迎えに行くと、手渡してくれました。
 3つの宿題を見事にやってきてくれました(その内容は秘密です)。私は感動して、「すごいね~。とっても上手。」「ありがとう」と心から称賛しました。Aちゃんはにこにこしています。その後も、私の質問に対して状況などを言葉で答えることができました。お母さんもとても嬉しそうです。

このように、Aちゃんは、カウンセリングの4回目、5回目と連続して私と言葉でやり取りできました。しかし、当初私は難しい事例だな~と感じていました。

なぜなら、それまでの数回は緘動状態になることがあったからです。
セッションの初めから終わりまで、話しかけてもうなずくこともなく固まっていますし、時折涙ぐんでいました。とても辛そうで、この先セッションを続けていけるのか、私も心配になっていました。

では、なぜ劇的ともいえる展開が起こったのでしょうか?

場面緘黙症の子どもたち(大人の人も)は、それぞれ状態が違います。状態というのは、どんな人とどれくらい話せて、どんな場所でどれくらい話せるかなど一様ではないなのです。

話せる人
話せる場所
話せる状況

これが違うし、不安の大小の個人差もあります。なので、Aちゃんの場合はこうだったとしか言えない部分もあります。

しかし、仮定を立てるとすれば以下のことが言えるかもしれません。
1、Aちゃんの中で、話したい意欲が高まっていた。
2、保護者が緘黙について知識を得て、Aちゃんのサポートをする体制ができた。
3、学校関係者やSSWの協力が得られた。医療機関のカウンセリングだけでなく、多職種連携の準備が整った。

これらは、場面緘黙の改善のために基本的な条件ではないかと、私は考えています。

事例②場面緘黙のBくん
 10代の男子です。彼は、今日初めて普通に聞こえる声で、スムーズに会話ができました。それまでも、一応なんとか会話はできていましたが、話し出すまでに時間がかかりました。すごく小さな声で、こちらが集中していないと聞き逃しそうな声でした。彼のお母さんも緘黙ペアトレに参加されました。Aちゃん同様、その後個別カウンセリングをしています。


彼にいったい何が起こったのでしょう。


それはまたいつか書きますね。

1日に2人の緘黙児さんと話ができたなんて・・カウンセラーとしては嬉しい1日となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

タグ:

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP