熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

🔶オンライン講座開講🔶

Pocket

【オンライン講座】とは

全国の場面緘黙の子を持つ保護者の方と、オンラインで行うグループ学習です。

従来の緘黙ペアレントトレーニングをさらに充実させた

緘黙児の保護者に特化したプログラムです。

 

3つのコースをご紹介

①【基本スタンダードコース】

・従来のリアルセミナーと同じ構成です。

・期間:4か月(月2回、計8回)

・内容:場面緘黙の知識/子どもの状態を知る/子どもの不安レベルを見える化/リラクゼーションなど

・実践編では、スモールステップのチャレンジを家庭から行い、地域☞学校へと広げて行きます。

・行動療法をベースに、場面かんもくの改善に効果があると言われている刺激フェーディング法や、段階的エクスポージャーを組み合わせて行います

・この基本コースだけで、リアルセミナーの受講生のお子様(場面緘黙児)の8割以上に良い変化が起こりました。

 

⓶【ジブン進化*マスターコース】

・①に子どもの直接支援を加えました。

・期間:8ヶ月(月2回、計16回)

・内容:①の終了後、引き続き4か月間親子で講師とコミュニケーションレッスンを行います

・初めはオンラインの「場」に慣れることが大切です。

・話すことは求めず、子どもの好きな事、得意な事の中から講師が一緒に楽しめるゲームなどチョイスして行います。

・十分に「場」に慣れたら、ストレスマネジメントや、感情について学びます。

・ここで目指すことは、『自分の気持ちが表現できるようになること』です。始めは非言語でも構いません。

  *子どもたちの状態によって変化の表れ方には個人差があります。

 

③【ミライ開花*プレミアムコース】

①+⓶✖2子どもの直接支援をさらに充実させます。

・期間:12ヶ月(月2回、計24回)

・内容:⓶の終了後、さらに4か月間、子どもと講師でコミュニケーションレッスンを行います

・⓶の終了時点で、子ども達の進捗を確認しながら、柔軟に必要なコミュニケーションスキルを取り入れます。

・ここで目指すことは、『自分で考え、選択し、行動すること』です。

・親に代弁してもらうことなく、自分で意思表意することを目指します。

  *子どもたちの状態によって変化の表れ方には個人差があります。

 

子ども達の未来が開花し、本来の力を発揮できますように

先日、すべてのプログラムを終えて

学校でも、地域でも、話せるようになったRちゃんです。

彼女は、話せるだけでなく【夢】に向かって歩き出しています。

 

その第一歩が親支援です。

・親が正しい知識を獲得する

・子どもの代弁から脱して、適切なサポートが出来る

・周囲に協力を求める

 

このことが

かんもく児の発話への【勇気のチャレンジ】を応援します。

 

オンライン受講生の皆様

一緒に学んでいきましょうね。

この記事を書いた人

中之園由美子

現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP