熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

第2回ZOOMお茶会終了!

Pocket

今回の参加者は5名+子ども3名💖

支援者1名(世話人)メンバー4名(1期2名,4期2名)でした。

お母様と一緒に緘黙のお子さんの参加もあり、楽しい会になりました。😊 今回も、休憩をはさみ60分おしゃべりしました。

参加者の感想 

一部をご紹介します。

M・Kさん(年長児のお母様)お子様(H君)も参加しました。

子供が話すことができたのが嬉しかったです!!家だから、リラックスしてたのだろうと思います。他の親子参加者の方のお顔を見れたのも嬉しいし、ワンちゃんが登場するのもzoomならではだと思いました。子供も終わったあと満足そうでした!
優しそうなお姉ちゃんが二人いたので、Hはとっても興味をもっていました!
大人同士でじっくり話す会も勉強になりますが、親子参加の会も子供にとってはいいなと思いました(^o^)

(世話人から)H君、リラックスして楽しそうでしたね。私の「大きくなったら何になりたいの~?」の質問にも、少し考えて「まだ決まってな~い」とちゃんと答えていましたね。オープンクエスチョンに答えられるのは、すごいと思いました!🧒

O・Mさん(中学1年生のお母様)

今回は参加できてよかったです。
時間を融通して頂いてありがとうございました!
新型コロナウイルスの影響で外に出る機会が減ってしまいましたが、逆に今できる事を自宅で取り組んでいます。
娘の好きな裁縫や折り紙などで色んな物を作ったり、普段は忙しくて出来なかった事がこの機会にたくさんできてます。
うちの子にとって自粛の期間はすごくリラックスできて良い時間でした。
学校が始まったら色々と課題が出てくると思いますが、周りの方に相談しながら少しずつクリアしていこうと思います。
私自身も今日皆さんのお顔が見れて楽しい時間を過ごさせて頂きました。
これから暑くなり精神的にもピリピリしてしまいそうですが、たまにこのような機会を頂けると気分転換できますので次のお茶会を楽しみにしています。

(世話人から)はじめOさんの音声が聞こえずチャットのやり取りでしたが、休憩後に声が聞けて良かったです😄。お籠り生活も親子のいい時間になったのですね。お母様の将来の夢も聞かせていただき、ありがとうございました。お子様と一緒に叶うといいですね💖。

MTさん(中学3年生のお母様)お子様(Yちゃん)も参加されました。

Yちゃんの感想:自分と同じ場面緘黙の人の話を聞くことが出来てよかったです。
母の感想:子どもが、ZOOMで少し声を出すことが出来て自信が付いたようです。いろいろな方のお話が聞けて参考になりました。

(世話人から)Yちゃんが参加してくれて嬉しかったです。いつも前向きに頑張るYちゃん、カウンセリングでの宿題にもきちんと取り組まれていますね。「次は○○さんと話してみたい」「こんなことがしてみたい!」と自分で考えてチャレンジしていけるようになりましたね。ステキです🤩

熊本かんもく親の会 今後の取り組み

活動は始まったばかりです。どんな企画をするかなどは試行錯誤中ですが、新型コロナウイルスの影響でリアルな集まりを自粛する中、自宅からのオンラインお茶会は好評のようです。

今回、緘黙児さんが参加してくれて、少し喋ってくれたのも「自宅で」「お母さんと一緒」という安心感の賜物かもしれません。💖💖

緊急事態宣言は全国的に解除されましたので、リアルな集まりも感染防止に配慮して考えていきたいと思います。

今後親の会で実施してみたいことリスト

  • 親のリアルなお茶会
  • 親子で参加し、簡単なゲームをして交流する(例えば:絵しりとり、2.3人で1つの「絵」を完成させる、風船バレー、ティッシュ吹き競争、等々)

まずはこの2つくらいからと考えています。
親子の取り組みでは、非言語でも楽しめる遊びか中心です。緘黙児さんにとって遊びを通して「人と関わることが楽しい」と思える場を作って行けたらと考えています。

皆さまからのアイデアも募集しています。

コメント欄に「やってみたいこと」があれば書き込んでみてください。

その際お名前はイニシャルorニックネームで大丈夫ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

タグ:

前の記事へ

次の記事へ

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP