熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

【8月講座】定員に達しました

Pocket

【8月生さん】定員オーバーです

 

【かんもく親子コーチング】は小人数制(定員6名)です。

今月は、特にお申込みが多い月でした。

全国的に募集しているとはいえ、一人一人違う緘黙児さんたちのサポートをするのは実は6人がMAXなのです。

 

しかし、今月は特別にもうひと枠加えて、7人で実施します。

 

 

なぜなら

保護者の方は、真剣です

我が子を助けたい気持ちでいっぱいです。

私もその気持ちに応えたいと思います

 

\\リアルでもオンラインでも緘黙児に変化が起きます//

ポイントは

 

  1. 緘黙について知識を得ること
  2. 我が家の現状把握をすること
  3. 子どもの行動の全体像を観察する
  4. 不安の見える化(数値化)をすること
  5. 高望みしないこと(スモールステップで)
  6. リラクゼーションを取り入れること

 

このやり方をプログラム化して実施します。

 

多くの緘黙児と保護者に変化が起こっています

【ミライ開花】コースの子どもたちは、その前の【ジブン進化】コースですでに言葉が出ています。

それぞれのフィールドで

  • 少しづつ話せる場面が増えてきました。
  • 行動の範囲も広がりました
  • お友達と遊ぶ約束ができたり
  • ボイスメッセージでのやり取りができるようになりました

 

チャレンジあるのみ

スモールステップで話せるようになって、子どもたちの自己肯定感が上がってきました

【やればできた】という成功体験を積み重ねていきます。

子どもたち自身が\\やってみる//という【勇気】と【決意】を持つことが大切です

 

でも、高望みしない!ことが大切です。

あくまでもスモールステップです。

【8月23日特別講演会】お問い合わせはこちら

【8月23日特別講演会】のお問い合わせはこちら

これまで誰にも相談できない悩みを
安心安全な場所で、お聴き致します。
心の荷物を降ろしませんか?
「悩みの種」を手放して「解決の種」と交換しましょう

*下記のフォームに

「お問い合わせ内容」をご記入ください。

*2営業日以内に返信いたします。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    この記事を書いた人

    中之園由美子

    現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

    お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP