熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

卒業式、~善意が刃に変わる時~

Pocket

教室に入れないあの子のために・・・

ある場面緘黙の女の子の体験です。

クラスに馴染めず、教室に入れないA子ちゃんのために、

クラスのみんなが企画して「一人だけの卒業式」が行なわれました。

わぁ~素敵❣いい話

と思いますか?

一般的には、いい話だと思われますよね。

クラスの子ども達も、善意でしかなかったと思います。
色んな準備も大変だったでしょう。

 

でも、A子ちゃんは嫌で嫌で仕方がなかった。とても喜べませんでした😥。

なぜか・・・

そのわけは、その状況にあります。

  • クラス全員の前で、たった一人で校長から証書を受け取る。
    ⇒めっちゃ目立つよね。みんなに注目されるのが苦手なのに・・・
    ⇒Aちゃんの特性を考えると、
    とても辛い状況でした。
  • 音楽や、スライドショーもあった。
    ⇒これも、みんなが注視する中で一人主役の座に居るAちゃん、
    いたたまれなかったと言います。
  • 写真撮影があった
    ⇒Aちゃんは、写真が嫌いなのです。
    事前に聞いていなかったので緊張がMaxになって、動けませんでした。

 

善意が刃に変わることもある

「相手がそれを喜ぶとは限らない」ことを知らなかった。

クラスの子ども達は、きっとAちゃんと一緒に卒業式をしたかったのだと思います。

たった一人卒業式に出ることが出来ないAちゃんのことを思いやっての事だと思います

ただ、

きっと喜ぶだろうという思い込みで事を進めてしまうと

善意で、相手を傷つけることがあります。

 

善意が善意として相手に届く為に

ここは、大人の配慮が必要です。

先生たちへのお願いです🙏

Aちゃんの特性そしっている先生たちが、

子ども達へ「ちょっと待って✋」と言ってあげてください。

今の計画を実行して、相手がそれを喜ぶのかどうか、確認してみることをお勧めします。

 

もし、相手がそれを嫌がったら・・・

どんな形なら受け取りやすいのか、本人と話し合うことが大切です。

 

この記事を書いた人

中之園由美子

現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP