熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

不安を見える化しよう!

Pocket

2020,12,6 緘黙ペアレントトレーニング 第5回を実施しました

テーマは「より良い行動を増やすための工夫【家庭編】」です

いよいよこれから実践編です。

話すことにチャレンジします。

不安や緊張が強い子に、話す練習って大丈夫??

と思うかもしれませんね

だから

不安を見える化するステップが大切なのです。

「不安の見える化」👀というのは

前回の宿題ワークシートのキャッチフレーズです

このシートを使って📑📑子どもが、どんな場面でどれくらい不安なのかを数値化します。

そうすると、親の想定とは少し違っていたりします。

「この場面では、緊張しているのは分かっていたけど、親が思うよりもう少し不安レべルが高いんだな~」😑🤔

とか

「え!この場面でこんなに緊張するの?」😲😲というお母さんの新たな発見、気づきもありました。

わが子の不安レベルが「見える化」できたところで・・・

実践することは・・

  • 一番安心安全な「家」から
  • 不安の小さい行動を選んで、
  • 毎日数えられる行動で
  • 子供と話し合って
  • 繰り返しチャレンジします。

ところで、

不安とか緊張って見えるのでしょうか?

そうそう、ある程度は見えますよね。

不安そうな表情だったり、何となくソワソワしていたり・・・

その人を観ていたら、態度で分かる時もありますね。

それはどんな場面でしょうか?

  • 教室で発言する時?
  • 運動会で走る時?
  • 面接の時?
  • 試験の合格発表の日?
  • 大勢の人の前でプレゼンする時?
  • 隣のおばさんに「おはようございます」って挨拶する時?

人によりその場面は違うでしょうね。

「あ~緊張してきた~~」「なんかドキドキする~」「心臓が飛び出そう・・」

なんて、言葉に出してくれるともっとわかりやすい。

そうすれば、周りの人たちも「大丈夫よ!」

とか

癒し

励ましてくれたり、お守りをくれたり・・

援助できますよね

でも、場面緘黙の子の不安ってなかなか見えにくいかもしれません

不安緊張が高すぎて・・・

でも、家でなら話せるし出来ることもたくさんある

だから

チャレンジする場所は「家」からです。

そのためには詳細な「不安の見えるかシート」を記入して、わが子のデータが必要です。

次回は、チャレンジの様子などお伝えしますね。

ではまた~🖐🖐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP