熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

Xmasもセミナー実施

Pocket

【かんもく親子コーチング】11月生さん4回目

いつものように、講座は、最近の良い事シェアから始まります。

ママたちが、それぞれ見つけた我が子の【良い事シェア】です。

小さなことでも、いずれもこれまでは、なかった事です。

 

 

  1. 子どもが最近、母に学校で辛かった出来事を話してくれました。 
  2. 母がXmasプレゼントのお礼の電話を親戚にしたとき、部屋の中からですが「ありがとう」と言えました。
  3. 送迎バスを降りた際に、友達に手を振ると共に、先生にも手を振り、会釈ができた。
  4. 2学期は行事も多かったが、去年に比べて参加出来ることが多くなった。

 

 

素晴らしいですね。

ちょっと解説しますと・・・

 

 

1,思春期になると、だんだん自分の内面を見せてくれなくなります。

そんな中でも、親子関係が良好だと自分の気持ちを話してくれるんですね💛Good👍

2,部屋の中からでも、これまでは「ありがとう」が言えなかったのです。

  *かんもくの子は、なぜか挨拶が苦手です。

3,さよならの挨拶(手を振る、会釈)もこれまでは先生にできませんでした。友達に手を振る(ついでに?)でもいいんです。出来たことに👏👏

4,2学期の行事、よく頑張りましたね。我が子の成長が感じられるママも素敵です。

 

 

【問題解決へ向けての流れ/不安のレベルを知る】

ここからがメインかもしれません。

今までの回は前菜?

いえいえ、どれも大事です。

前回は緊張緩和穂法としての【リラクゼーション】に取り組みました。

 

HWはもちろん【リラクゼーション】の実践

 

緊張を緩和する【呼吸法】【肩の緩め】【イメージトレーニング】を実践して頂きました。

ママたち、それぞれ工夫して取り組んでいました。

やってみていかがでしたか?

ほぼ毎日取り組むうちに、我が家の寝る前のルーティンになりました。

「ドキドキする時にやるとリラックスするんだって」と伝えると、素直に呼吸法に取り組んでいました。【イメトレ】も子どもが好きみたいです。今日1日の楽しかった出来事を子どと話しながら、楽しい気持ちで眠れます。

【呼吸法】は慣れないうちは、子どもがしんどそうだったので、短めにしました。親も余裕がある時がやり易いですね。

 

 

最初は、私(母)の方が気合が入りすぎて、させようとしていたことに気付きました。それからは、弟も一緒に、私も楽しんですることで、だんだんと一緒に取り組んでくれるようになりました。

 

 

コミュニケーションの時間になって、子どもに怒ることが減りました

リラクゼーションは体感することが大事ですね。

 

 

【問題解決への流れ】では、

1,回避のループを断ち切る事

2,場面ごとの子どもの不安レベルを確認する

 

 

 

今回のHWは、【子どもの不安レベルの確認】です。

この現状把握をしてから、次回からスモールステップのチャレンジが始まります。

 

コメントはこちらから

コメントはこちらから

ひとりの場面緘黙の男の子との出会いが、私が場面緘黙の子を支援するきっかけとなりました。彼と信頼関係を築くのは容易ではありませんでしたが、根気よく関わることで変化が生まれてきました。筆談から電話での会話が可能になり、一部の人と話せるようになりました。この記事を読まれた*ご意見・ご感想*などございましたらお気軽に、お願いいたします。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    この記事を書いた人

    中之園由美子

    現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

    お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP