熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

F君の願い ~雑談がしたい~

Pocket

こんにちは。メンタルケア心安の中之園です。
いつもブログを観ていただきありがとうございます。

今日は、以前もご紹介したF君の近況報告です。
 *掲載の許可をいただいています。

「場面緘黙は治るのですか?」と訊いてくれた彼です。
その後も、就労支援施設に熱心に通って、積極的に「話すこと」にチャレンジしています。

でも、それは簡単なことではないのです。
まずは1対1の場面から練習しました。

作業の時に、偶然ある利用者さんと2人になって、F君は今がチャンスと思いました。

そして、「話す練習をしたいので、よかったら僕と話してもらえませんか?」と声をかけたのです。

F君の勇気!!すごいです。
その時どうだったの?と訊くと、「ちょっとドキドキしたけど、2人きりだったから大丈夫だった」と。

次に3,4人のグループで話す練習⇒5~8人ぐらいのグループでトライ、という風に増やしていきました。


今では、大勢の他者の前で、注目を浴びながら自分の意見を言うとき、ドキドキレベルはMAXでも、話すことが出来る様になりました。

F君の頑張りには頭が下がります。

もちろん、通所施設のスタッフや利用者さんの理解と協力は不可欠です。

施設のスタッフさんと、担当カウンセラーである中之園もカンファを行い連携して支援しています。感謝です。

場面緘黙のF君にとって「雑談」はとてもハードルが高いのです。

F君とは、以前もご紹介したことがある18歳の男性です。☞「場面緘黙は治るのですか?」

 私とのカウンセリングセッションの中では、最近、スムーズに会話ができるようになってきました。以前は、すぐに言葉が出なくて考え込んだり、途中で言葉に詰まって間が空いたりしていました。

それでも根気よくカウンセリングを受け、私と話す練習や、就労支援施設においても話す練習を重ねてきた頑張り屋さんです。

その彼が、「今度は、先生(中之園)と雑談をしてみたいです。」「今までは、先生の質問に答える形で僕が話す練習をしていましたが、今度からは『雑談』というものがしてみたいです」とリクエストをしてくれました。

嬉しかったです。

自ら、課題を見つけてそのことにチャレンジする勇気を持った青年です。

全力で応援していきたいです!!

『雑談』の実践については次回から、メールマガジンにてお知らせします。

以下のご案内をご覧ください。↓↓↓

メールマガジン会員募集

メールマガジン会員にご登録いただいた方に、場面緘黙の支援についての具体的な実践法や、保護者向け、支援者向けの役に立つセミナー情報をお届けします。

F君のその後の成長ストーリーや、他の事例についても掲載の許可をいただいています。

ご希望の方は、下記のフォームより登録をお願いします。
メールアドレスを入力し送信ボタンを押してください。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP