熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

ポジティブ脳の作り方

Pocket

口癖がその人の人生を作る

と言っても過言ではない❗

ポジティブな口癖よく言う人⇒その人がそう思う方法へ導かれていく

ネガティブな口癖をよく言う人⇒その人がそう思う方法へ導かれていく

今日は、ポジティブな口癖の人が望みが叶う方向へ導かれる話です。

いつも元気で、有限実行している人がいます。

すごいな~

どうして、あの人はいつも前向きで、思うとおり夢が実現するのだろうと😮

私も、ちょっと圧倒されることがあります。

ネガティブな出来事があったとしても、すぐに立ち直る(ように見える)

でも、実はそんなに不思議なことでもないのです。

誰の脳内にもある、【自動目的達成装置】有効に働かせているだけなのです。

ポジティブさんの 口癖その1

 何かを依頼されたとき

  • わかりました。やってみます!⇒まずは引き受ける。出来る状況なら断らない。
  • 「ちょっと、今仕事Aを抱えていて、新たな仕事Bを引き受けることが可能かどうか、検討させてください。」やれる方法を考える
  • 検討したが、難しい時⇒「もし、仕事Aにサポートメンバーが追加されれば、余裕ができます。仕事Bも引き受けられます。」⇒交渉する。

新たなチャレンジは基本的に受け入れる。

その方が自分の可能性を広げることが出来るから、やって損はない。と考えます

でも、「断りたいけど、断ると嫌われる・評価が下がる」と思って引き受けるのとは違います。
*そういうのを、過剰適応と言います。これはポジティブとは違う。不安から来る不適応な状態です。

ポジティブさんの 口癖その2

 過去に失敗した経験がある時

  • 「過去の出来事(失敗)は経験だ。そこから『気づき』を得ることが出来た!」
  • 「だから、失敗ではない。」
  • 「どうすれば上手くいくか、考えよう」

ネガティブな出来事も⇒ホジティブに転換してしまうのですね!😊

転んでもただでは起きない人ですね💪

こんな風に、口癖によって、いつも「私は出来る」と思っているので

ポジティブな口癖を言えばいうほど、「私はできる人間です!」と自分に宣言しているのです。

言えば言うほど、「出来る宣言」が上書き、上書きくるくるくるくるされていき、

潜在意識にまで転送されます。

これがつまり、

誰の脳内にもある、【自動目的達成装置】有効に働かせているだけ、と言う事です。

口癖で、ポジティブ脳が自然と作られているのですね。

口癖・・・怖いですね~😲

その方向に自然と導かれます。

それがあなたのなりたい方向と、脳が判断するのです。

つい「出来ません」「私、今仕事が立て込んでいて無理ですね~」

って言っちゃいそう・・・

になったら、勿体ないかもしれませんね。

なりたい自分になるためには、

まず、自分の口癖チェックから☑ですね。

不安や緊張が強くて、「声が出ない」「行動できない」子どもにも親ができる「発話サポート」があります。

~癒しのペアレントカウンセリング~
  7つのステップ。緘黙バージョン

      ↓↓↓↓

詳しく知りたい方は 7日間無料メールセミナーにご登録ください。🧡😊

今だけ3つのプレゼント🎁🎁🎁
たった5分、お家でできるワークシート📝を付けて、改善ポイントを見える化👀

クリックして登録⇒https://24auto.biz/mentalcarecocoan/registp.php?pid=2

この記事、いいねと思ったら、

いいね!&フォローお願いします。🧡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pocket

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP