熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

かんもく児の【ミライ開花】始まってます

Pocket

【かんもく親子コーチング】仕上げの段階

昨年2021年7月からオンライン講座を開始して

やがて1年になろうとしています。

 

 

オンライン1期生(7月生)2期生(9月生)さんは、

【ミライ開花】コースが始まりました👏👏

 

 

ワクワクしませんか?

【ミライ開花】って我ながらいいネーミングだな~と思っています(*^-^*)

緘黙児でもやりたいこと、なりたい自分を目指して欲しい

ここでする事は何か?

  • 自分で考え行動できる人になる
  • ワクワクする未来をつくる
  • 自分のハードルを越えよう

 

 

そのために、以下のことに取り組みます

 

 

  • ミライ開花の部屋を【楽しむ】

  • みんなで【遊ぶ】

  • こんな自分になりたい【目標】を持とう

  • 心を楽にする【プログラム】

  • 会話力を育てる【ワーク】

 

 

 

 

すでに大きな変化が起きています

かんもくの子ども達は、トレーニングを重ねて身近なところで会話ができています。

子どもたちの変化とは?

【基本コース】起きた変化

【ジブン進化】で起きた変化

それぞれ個人差はありますが

 

今まで出来なかったこと

したことがない事に挑戦した子どもたち

 

色んなことが出来る様になりました。

 

【ジブン進化】の最終回で子ども同士で会話しました

 

子どもたちの体験

緘黙児と保護者のグループ学習であることも

【かんもく親子コーチング】の特著です

保護者同士、子ども同士お互いに良い刺激となり、頑張る力になっています。

 

子どもたちの体験をご紹介します。

 

【中学生になったAちゃんの体験】

★基本コース(7月~11月)でできるようになったこと★

  • 地域の人にあいさつができた
  • 一人で買い物ができるようになった
  • 美容院で自分で髪型をお願いで来た

★12月~今年3月までにできるようになったこと

  • 修学旅行に行けた
  • 卒業式に参加出来た
  • 色々な人と電話で話せた

★中学生になって(4月以降)にできるようになったこと

  • 数学の授業で発表した
  • 職員室の入室練習ができた(挨拶、言う事が決まっている)
  • 隣の人と英語の練習をした
  • 問題の解き方を教えてあげた

★これからの目標

  • 色んな人に自分から話しかける
  • クラスで発表する

 

【小6になったBちゃんの体験】

★基本コースでできるようになったこと★

  • お店で話すこと。
    ・ケーキ屋さんで自分で注文出来た。
    ・コンビニやデパート、100均で買い物をするときも自分で言えました。

★ジブン進化コースでできるようになったこと★

  • 学校で話すことができました。
    ・算数の授業で、ほとんど毎日発表できました
    ・国語のグループ発表の時、自分のパートを全部自分で言えました。
    みんなにも褒めてもらえてうれしかったです。
  • ジブン進化のお友だちとオンラインで話せた。
    ・Rちゃんと質問スキルを使って何度か話せました
    ・Rちゃんのお母さんとも話せました。
    ジブン進化の最後の日に、お話ができてとても嬉しかったです。

子どもたちは

  • こわい
  • 嫌だ
  • 緊張する
  • できない

 

といった、これまで慣れ親しんだ感情とも上手く付き合いながら

自分の課題を乗り越えていきました

 

この記事を書いた人

中之園由美子

現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
PAGE TOP