熊本の場面かんもく家族支援・メンタルケア

第7期緘黙ペアレントトレーニング【満席】

Pocket

第7期緘黙ペアレントトレーニング【満席】💖

4月開催7期の募集は締め切らせていただきます。【感謝】💕

7期:4月4日(日)開講 ~8月22日まで

時間:13時~15時
場所;熊本市内会場

次回の開催は9月の予定です。

おかげ様で、定員6名のところ、7名のお申込みを承りました。

そして今回も、ご夫婦で参加される方がいらっしゃいます。

 

ご両親の熱心さがが伝わってきます。

 

場面緘黙の症状は、10人十色です。

そのため、少人数のグループ学習です。

例えばこんな感じ

  • 家以外では全く誰とも話せない子
  • 家以外では、一部の幼なじみとは話せるが、クラスメイトとは話せない
  • 生活圏以外の場所では、比較的話せる(誰も自分の事を知らない場所)
  • 話せたとしても、非常に小声で聞こえ辛い
  • 話せないが、運動が得意、絵が得意、部活には行ける。
  • 話せないが、学校行事には参加できる/できない

挙げればきりがないくらい

多彩な症状があります。

あと、

トイレに行ける子、行けない子

給食を食べることが出来る子、出来ない子

 

【緘黙ペアレントトレーニング】は、参加人数を制限しています。

一人一人の保護者様からしっかりとお話を聞かせていただき、

多彩な症状を伺いながら、対応できる人数は限られるためです。

その分、きめ細やかな支援ができます。

毎回、保護者様から受講の感想をいただいています。

6期受講生の感想

2021年3月に終了した、6期生の感想です

ご夫婦で参加のN様

T様

 

 

 

S様

y様

 

 

素晴らしいですね~

N様は毎回ご夫婦で参加されました。

参加の保護者様がしっかり実践されたことで、

親にも子にも良い変化が起きています。

コメントはこちらから

コメントはこちらから

私が場面緘黙の子を支援するきっかけは、ひとりの場面緘黙の男の子との出会いからです。彼と信頼関係を築くのは容易ではありませんでしたが、根気よく関わることで変化が生まれてきました。筆談から電話での会話が可能になり、一部の人と話せるようになりました。*交流会のテーマ、ご意見*募集しています。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    中之園由美子

    現在精神科クリニックにも在籍し、カウンセリング実績延べ1,500人。育てにくい子を持つママの子育てを応援をしています。特に近年、緊張が強くて家以外では上手くはなせない、場面緘黙(かんもく)の子が増えています。これまで延べ60人を支援してきました。正しい知識と、適切な支援があれば少しずつでも話せるようになります。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    お子様が喋れない事について少しでもお困りの事がある方はお問合せ下さい。

    お問合せはこちら。 お問合せはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP